節分

| コメント(0)

壬生寺の節分会へ行ってきました。

20180302setsubunn (7).JPG


素焼きのほうらくに家内一同の年齢や願いごとを書き奉納すると、

四月の壬生狂言「ほうらく割り」の演目中に割られ、

これにより災厄を落とし、願いごとがかなうとされているそうです。

20180302setsubunn (5).JPG

関西では節分に「恵方巻き」を食べます。

1:太巻きをひとりにつき1本準備する。

福を巻き込むことから巻き寿司。縁が切れたり、福が途切れたりしないよう、

包丁で切ってはいけません。七福神にあやかり、7種類の具が入った太巻きが

望ましいとされています。


2:恵方を向く。

恵方とは、その年の福徳を司る歳徳神(としとくじん。年神様の別称)

のいる方角で、その方角に向かって事を行えば何事も吉とされています。


3:願いごとをしながら、黙々と最後まで食べる。

しゃべると運が逃げてしまうので、食べ終わるまで口をきいてはいけません。

20180302setsubunn (9).JPG

ケーキ屋さんでかわいいロールケーキを見つけました。

「にゃ方巻」

20180302setsubunn (1).JPG20180302setsubunn (2).JPG20180302setsubunn (8).JPG


ロールケーキでできています。上と下についているネコ型のクッキーが

とってもかわいい。

ご利益はなさそうですが、ちょっと楽しい気分になりますね♪

コメントする